RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

それゆけ日本ハムファイターズ(仮)

ぼくらに勇気をくれるため稲妻みたいに飛んできた100万パワーのぼくらの味方。GoGoGoハムリンズ!かっ飛ばせ。
土谷鉄平大活躍。
0
    楽天の鉄平が決勝打(時事通信)
     楽天が3連勝で貯金を球団最多の6に伸ばした。1点を追う3回、リックの犠飛で同点。9回は敵失絡みで無死二、三塁とし、鉄平の三塁打で2点を勝ち越し。中日は中田が粘りの投球だったが、自らの失策に泣いた。
    ---------------
    落合監督に注意されてもアイスクリームがやめられなかったために中日からトレードに出された鉄平(中日時代の登録名は土谷)が大きくなってナゴヤに帰ってきたようです。ですがせっかくナゴヤドームで活躍した鉄平のヒーローインタビューは球場内には流されなかったようです。ビジターのファンも来てるんですし、まして今回は元ホームチームの選手なんですから、セントラルの一部チームはファンサービスをもう一度考え直した方がいいのではないでしょうか。
    | 楽天 | 02:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ヤクルトの日。
    0
      日本ハムが快勝、横浜5連敗で40敗目(スポニチ)


       【日9−3横】日本ハムは打線がつながった。2回に稲葉のソロ本塁打、鶴岡のスクイズなどで4点を奪い逆転。3回にも三木の2点二塁打などで4点を加えた。藤井は4月19日以来の2勝目。横浜は5連敗で40敗目。交流戦の負け越しが決定した。
       日本ハムが2回にあっさり逆転した。同点とし、失策絡みで無死満塁。鶴岡の打席で、那須野が3球目に暴投し、まず1点を勝ち越した。梨田監督はストライクが欲しい投手心理を読み、続く4球目にスクイズを指示。鶴岡が見事に決めて3点目を入れた。梨田監督が「スクイズをやる絶好のタイミングだった」と言えば、鶴岡も「スクイズが出る予感はあった。焦りは全くなかった」と、してやったりの表情だった。
      ----------------
      ヤクルトから今季来た三木・藤井・坂元が活躍。これでわざわざ川島慶三出すこと無かったのに、といわれることが無くなるといいですね。あ、稲葉選手、9年連続10号おめでとうございます。そういえば稲葉も元ヤクルト。
      | 日本ハム | 02:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      梨田×落合は今後とも遺恨カードになると興行的には好材料なのだけど。
      0
        【日本ハム】多田野2被弾も逆転勝ち(日刊スポーツ)

        <中日3−7日本ハム>◇6日◇ナゴヤドーム

         日本ハム多田野数人投手(28)がウッズに2本のホームランを浴びた。1回に直球を左中間に運ばれると、4回にはバックスクリーン右へ1発。プロ初被弾で4回降板も、チームは逆転して勝利をおさめ「結果的に勝ってよかった。自分に勝ちがつくとかではなく、チームが勝つことが大きいから」と振り返っていた。
        ------------------
        多田野はウッズ以外にはヒットを1本も打たれていないので気分的にはいいでしょうね。この試合の圧巻は3−2でリードした7回1死。

        小山=三遊間ヒット。ランナー一塁
        代打三木=キャッチャー前バント、キャッチャー田中と交錯しかけたピッチャー斉藤が避けようとして転倒、この時に投手用のスパイクブレード(野手は人工芝球場のときはスパイクブレードをゴム製にすることが多いが、マウンドは土のため、投手は金属ブレードの場合が多い)が人工芝に噛んでしまい、足首を捻って降板。記録はキャッチャーへの内野安打。ランナー一、二塁
        紺田=交替した投手高橋の軸足を襲う打球。足に当たった打球は一二塁間を転々とするヒット。ランナー満塁。
        高口=三遊間ヒット、2人生還。

         この流れで方向次第でアウトにならなかった打球は一つもなく、徹底した転がすバッティング。広く打球の速いナゴヤドームの特性にかなった作戦、スモールベースボールで中日を完全に突き放しました。

         この日は一軍に上がったばかりのマイケルが登板、セーブがつかなかったものの1イニングを3人できっちりと抑えました。そして打線の殆どが左打者で占められてしまった一軍打線に右打者分として高橋信二の代わりに上がってきた渡部龍一がプロ初出場・初打席でした。結果はショートゴロに終わったものの、一軍定着にむけてがんばってほしいです。



        | 日本ハム | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        南海ホークス、一夜限りの復活。
        0
          ソフトバンク、南海時代のユニホームで登場(読売新聞九州)
          --------
          「南海ホークス復刻モデル」ユニホームで試合に臨む王貞治監督(6日、甲子園球場で)=枡田直也撮影 ソフトバンクは6日、甲子園での阪神戦に前身の南海時代のユニホームで出場した。南海球団創設70周年と福岡移転20周年を記念した、ダイエーに続く復刻ユニホームの第2弾。

           1959〜68年のデザインを再現した。59年に巨人に入団した王監督にとっては、南海はその年の日本シリーズで0勝4敗のストレート負けを喫したライバルだったが、白地に深緑が映える懐かしいユニホームに袖を通し、「こういう色はいいね。最近は派手な色が多いから」とご満悦だった。

           オールドファンも詰めかけたこの日のチケットは完売。反響の大きさに球団は8月3、4日のオリックス戦(京セラ)でも着用を決定。全盛期の南海の強さを受け継げるか。
          ---------------------
          6月6日の阪神×ソフトバンク戦で、南海ホークスのホーム側ユニフォームが一夜限りの復活を果たしました。実際に見てみると、嬉しい半面、ちょっとしっくりこないなあと思いました。世代的なものでしょうが、個人的には肩ラインが2本線の、穴吹・杉浦南海(80年代中盤から後半)のユニフォーム復活を希望します。
          | 南海 | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          やっぱりガッツは3番ですよ。
          0
            原巨人、勝利呼び込んだ3番DH小笠原!(サンケイスポーツ)
            ガッツの闘志が巨人を救う−。巨人・小笠原道大内野手(34)が4日、オリックス戦(スカイマーク)の一回に先制のタイムリー二塁打。故障者続出で“猫の目打線”で臨むチームを勢いづけ、4−2の勝利に導いた。連敗は4でストップ。交流戦前半を6勝6敗で折り返し、6日のロッテ戦(東京ドーム)からの4連戦で今季初の貯金を狙う。
             この一戦だけは負けられない−。その強い思いが、小笠原のバットに宿った。一回無死一、二塁。鋭く振り抜いた打球が右翼線へと抜け、先制適時二塁打。敵地・神戸に漂う4連敗中の停滞ムードを吹き飛ばし、チームを奮い立たせた。
             「1、2番がチャンスを作ってくれたので、何とかつなげようと食らいついて行った。先制点を取った場面では仕事ができた」
             小笠原にとっては、実に11試合ぶりのタイムリー。5月20日のロッテ戦(千葉マリン)以来、2週間ぶりの快音だった。高橋由、二岡、上原、李承ヨプ…高年俸選手が次々とリタイアしていく中、この試合はDHで半ば“強行出場”と、ガッツは昨年11月に手術した左ひざの痛みをおして出場を続けてきた。
             先月30日からの長期遠征。東京から福岡へ、福岡から神戸への移動日に行われた練習は首脳陣から左ひざの状態を考慮し、休養のため免除されていた。それでもガッツは休まない。志願してまでバットを握り、2日にはティーとマシン打撃で約1400スイング。黙々と若手の誰よりも振り込んだ。(後略)
            ------------------
            やっぱりガッツは3番が一番しっくりきます。だからナベツネオーナー、お願いだからガッツに髭を生やさせてください。
            | 読売 | 12:36 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |